通学バスのルートをアルゴリズムで最適化し5億円以上のコスト削減に成功

アメリカを舞台とした映画やドラマの中で黄色いスクールバスを見たことがある人もいるはず。このスクールバスは1939年に初めて登場しましたが、その後、学生や学校、道路システムの変化によりどんどん複雑になり、あまりにもコストが高くつき、パフォーマンスも低下するという問題を抱えました。この問題がアルゴリズムによって解決したとして、話題になっています。

14コメント・2019年08月14日15時47分

  • 吉川 岳, Yoshikawa Takashi at NineSimga

    課題が明確でアウトプットのコスト効果もあり、技術募集コンテストの良い事例

    2019年08月14日 19時21分

  • プログラミングスクール 『Tech i.s.』byインターン生

    アメリカの通学バスのルートをアルゴリズムが最適化!ルートの最適化により、5億円のコスト削減

    2019年08月14日 16時48分

  • けんいちろう

    こういうのこそコンテストでやるっていうのはいい!GI

    2019年08月14日 16時48分

  • シュレディンガーの箱

    「匿名化されたデータにより、ボストンの学区における最適化されたルートと最適な授業開始時間を導き出すことができるか?」という研究者向けのコンテストを開催」

    2019年08月14日 15時47分

  • 郡司 昇_薬剤師×マーケティング×経営

    ルート自体の複雑さに加え、バス自体のインフラ問題、付き添いがいる子どもの存在、毎年同じ運転手を必要とする子どもの存在…複雑だからこそ大きなブレークスルー

    2019年08月14日 15時47分

  • 見並まりえ@イケメンの母

    そもそもの問題意識、解決のためのコンテストというアイデアも素晴らし!公立学校で、ここまで自由に革新的な運営ができるものなのね

    2019年08月14日 15時47分

  • みえちょん

    かしこが、かしこを探してうまく行った話。技術と知恵で解を導き出したかしこもすごいけどコンテスト開いて、かしこを探したかしこも偉い。と、アホなみえちょんは思うのです

    2019年08月14日 15時47分

  • solzard@競プロ

    AtCoderのヤマコンでやってるような配達ルートの最適化って本当に効果があるんだなーと実感できる記事

    2019年08月14日 15時47分

  • けいてぃほーむず

    バスルートもだけど、こういう最新の研究をもとに学校のルールも考えていくべき8時より前に授業の開始時間を設定することは、10代の学生たちに悪影響があることが研究で示されています

    2019年08月14日 15時47分

  • 河瀬誠

    行政サービスにITを活用したボストン市、こういう例は良いですね

    2019年08月14日 15時47分

  • オオヤ@●| ̄|_

    始業時間も変更されたらどれだけ効果上がるんだろ

    2019年08月14日 15時47分

  • ねこさんow or ever(ΦωΦ)

    GI アルゴリズムを利用したところバス50台を削減でき、年間でみると100万マイル(約160万

    2019年08月14日 15時47分

  • 遠藤 国忠@Novera | ビューティテック起業家

    世界のトレンドは、既にディープラーニングよりもレインフォースメントラーニングに移っている。前者は正解を探すために使い、後者はゴールが決まっていてそこまでの最短効率を探すために使う。ただ、最終的にはこの2つを組み合わ

    2019年08月14日 15時47分

  • いつき

    GITSPから派生させてるんやろうし、カオスで解けんのかなぁ

    2019年08月14日 15時47分