小学生の自殺、最多は「家庭問題」 厚労省が原因分析:朝日新聞デジタル

 自殺の原因は、小学生では家庭問題が多く、中高生から学校の問題が増える――。厚生労働省が過去10年の自殺統計を分析したところ、こんな傾向が分かった。10~30代の死因で最も多いのが自殺で、政府は自殺防…

5コメント・2019年06月13日13時06分

  • 杉原里美/Satomi Sugihara

    項目をみると複数回答のようなので、実際は、いろんな原因が複雑にからみあっているのではないだろうか。

    2019年06月13日 13時06分

  • 高橋 健次郎

    の問題が増える厚生労働省が過去10年の自殺統計を分析したところ、こんな傾向が分かった」や学校といった、濃密な人間関係はリスクもはらむ。

    2019年06月13日 13時06分

  • 渡辺なおみ

    これを言うと、怒る人もいるかもしれないが、子供はある程度、親に甘えて生きる時期が必要だと思うね。世間に出れば、嫌なことなんて放っておいても体験するよ。

    2019年06月13日 13時06分

  • 山田優美子

    「家庭問題」が原因で、って本人不在で誰に聞いたんですかね?学校で起きていた問題を学校が隠蔽し家庭の事情にする事はこれまでの多くの事案で証明されているけれども→

    2019年06月13日 13時06分

  • aya deguchi

    知らなかった。。小学生男子は「家族からのしつけ・叱責」42・9学校問題その他」17・9%。女子は「親子関係の不和」38・1しつけ・叱責」33・3

    2019年06月13日 13時06分