小平奈緒のライバル、李相花が引退 平昌五輪で感動抱擁:朝日新聞デジタル

 2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪スピードスケート女子500メートルで、小平奈緒に次ぐ銀メダルを獲得した韓国の李相花(イサンファ)が16日、現役引退の記者会見を開いた。「良い姿のまま選手生活を終…

5コメント・2019年05月16日22時08分

  • 由利英明

    もう誰とも競争したくない。そう言って、李相花選手が引退しました。お疲れ様でした

    2019年05月16日 22時08分

  • 朝日新聞東京編集局(コブク郎)

    「ずっと前だけを見て走ってきた。もう誰とも競争したくない。余裕を持って生きたい」とも

    2019年05月16日 22時08分

  • 水野 梓

    「小学1年の時から、ずっと前だけを見て走ってきた。もう誰とも競争したくない。余裕を持って生きたい」大変なことたくさんあったんだろうな…。さみしいけど…お疲れさまでした

    2019年05月16日 22時08分

  • みぃ( METEOR )

    “ライバルであり、親友のふたり。これからも、友情の二人三脚が続きます。

    2019年05月16日 22時08分

  • Wada Hiroshi

    近く長野に遊びに来られるとか。深い友情、思わずこちらまで目頭が熱くなる。日韓関係も何とかならないものか

    2019年05月16日 22時08分