Jリーグのスカウト激変 格安の外国選手、ネットで発見:朝日新聞デジタル

 今季から外国籍選手枠が拡大されたJリーグで、助っ人探しに変革が起きている。世界230の国・地域に散らばる55万人の選手を、オンラインで見極められる。そんな画期的な動画視聴サービスが各クラブに広がって…

11コメント・2019年04月16日16時46分

  • ちょっつ@勝ち点25

    広島の足立修強化部長は「ワイスカウトがあったから、獲得に踏み切れたのはある。以前なら情報が少ないリーグで、手を出しにくかった

    2019年04月16日 16時46分

  • リベロの河童(仮

    サロモンソンは昨年までの11年間、自国リーグのみに所属していた。広島の獲得を後押ししたのが、2004年にイタ

    2019年04月16日 16時46分

  • 朝日新聞サッカー担当

    こんな国からJリーガー。今季新たな加入はルクセンブルク、モザンビーク、ガボン、ケニア、ベネズエラ。そこにはこんな理由が

    2019年04月16日 16時46分

  • 柴田真宏

    「格安の優良助っ人を探す傾向は、国籍の多様化にもつながっている。今季J開幕時、新たに加わったのはルクセンブルク、モザンビーク、ガボン、ケニア、ベネズエラの5カ国」

    2019年04月16日 16時46分

  • 朝日新聞サッカー担当

    このシステムは便利。は「革命的」と話します。一方で「やっぱり来てみないと性格とかは分からない」。通訳、食生活とかクラブの受け入れ体制も問われます。

    2019年04月16日 16時46分

  • 朝日新聞サッカー担当

    もこのシステムを導入して変化したJクラブとなります

    2019年04月16日 16時46分

  • 朝日新聞サッカー担当

    にいた 、のら欧州の監督には常識のサービスでした。

    2019年04月16日 16時46分

  • 朝日新聞サッカー担当

    サッカー関係者のみ契約できます。試用しましたが、検索機能が便利でした。国籍、ポジション、利き足、年齢、市場価値、身長体重などで選手を見つけられます。予算内で必要な選手を探せます。

    2019年04月16日 16時46分

  • T-AKAGI

    仙台と対戦した時にシマオマテには本当に苦しめられた。広島のサロモンソンも良い選手だったし磐田のロドリゲスも良いって聞いてるし。ウチとは違う路線だけどこういうのも面白いよね

    2019年04月16日 16時46分

  • 末本 亮太

    そんな画期的な動画視聴サービスが各クラブに広がっているからだ。」

    2019年04月16日 16時46分

  • ショウジ

    サロモンソンは昨年までの11年間、自国リーグのみに所属していた。広島の獲得を後押ししたのが、2004年にイタリアで開発されたオンライン動画サービス「ワイスカウト」。

    2019年04月16日 16時46分