辺野古の軟弱地盤改良、工事に3年8カ月 防衛省報告書:朝日新聞デジタル

 防衛省は15日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設で、埋め立て予定地の軟弱地盤を改良する工事に3年8カ月かかるとする報告書を国会に提出した。今すぐ着工しても2022年11月までかか…

12コメント

2019年03月15日12時06分

  • ごはん

    2022年11月には同じように「あと3年8カ月」と言っているだろう.日銀のデフレ脱却と同じ.いつまでかかろうが普天間が使えるのだから,自民党政府にとってはどうでもいい.

    2019年03月15日 12時06分

    01
  • 神奈いです

    移転の時に普通ボーリング調査とか最初にするのではなんだこれ。税金返せ。

    2019年03月15日 12時06分

    01
  • 瀬谷 健介 @BuzzFeed

    辺野古の軟弱地盤の改良工事に3年8カ月かかる、と防衛省。今すぐ着工しても2022年11月までかかる計算。日米両政府が、早ければ22年度としてきた普天間飛行場の返還が不可能なことが報告書で明確になった。

    2019年03月15日 12時06分

    02
  • w-fixstern

    「報告書は…地盤改良工事に必要な工法や工程をもとに完了までには3年8カ月かかると試算した」物価上昇を考慮した実質工期は38年

    2019年03月15日 12時06分

    01
  • 木村元一

    一刻も早く普天間の危険を除去というのが嘘なのが分かる。何故なら、その3年8カ月というのも試算に過ぎず、出来るのかどうかさえ危うい。

    2019年03月15日 12時06分

    01
  • 福地慶太郎(朝日新聞記者)

    普天間飛行場の辺野古への移設計画で、防衛省は15日、軟弱地盤を改良する工事に3年8カ月かかると見積もった報告書を国会に提出した。すぐ着工しても2022年11月までかかる。日米両政府が、早ければ22年度としてきた普天間飛行場の返還が

    2019年03月15日 12時06分

    01
  • 玄界灘男

    埋め立て地の滑走路、多分陥没するから羽田なんかでも使われてるリフトアップ工法にするんだろうけど、コンクリートを定期的に驚くほど投入し続けるんだよね。その予算は入ってんのかな?コンクリート会社は喜ぶけどね

    2019年03月15日 12時06分

    01
  • 北川賢一

    普天間返還のための辺野古基地拡張は技術的に可能である事が分かった。1日も早い返還のために反対派が工事を妨害しない事を祈

    2019年03月15日 12時06分

    01
  • 小嶌周Kojima Amane

    前例のない工法、概算できない費用、確定できない工期それでも浅瀬の埋め立ても、予算審議も進むってなんなの?バカなの?死ぬの?

    2019年03月15日 12時06分

    01
  • 松永洋介/ならまち通信社

    「米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画…今すぐ着工しても2022年11月までかかる計算だ。日米両政府が、早ければ22年度としてきた普天間飛行場の返還が不可能なことが報告書で明確に」>辺野古の軟弱地盤工事、3

    2019年03月15日 12時06分

    01
  • 小野田 英(ONODA Takeshi)

    仮に4年で何とか工事を終えたとしても、ここは断層の真上であり、地震で断層が動けばたちまち使い物にならなくなるんよ。そこに何兆円もの血税注ぐ?それだけの金があれば少子化の国難は止まる。

    2019年03月15日 12時06分

    01
  • ケイタク

    地盤改良だけで3年8か月、実際の基地建設はそこからスタートだということ。果たしていつ完成するのか、どれだけの費用が掛かるのか、恐らく誰もわかるまい。こんなものは公共事業じゃない。

    2019年03月15日 12時06分

    01
広告