「コンビニ店主は労働者ではない」中労委、団交権認めず:朝日新聞デジタル

 コンビニのフランチャイズ(FC)店主らの労働組合がコンビニ大手2社に団体交渉に応じるよう求めていた二つの労働紛争で、中央労働委員会は15日、店主は労働者とはいえないとして団体交渉権を認めないとの判断…

14コメント

2019年03月15日16時25分

  • Shohei O.

    労使の概念を超えていかないとこれからの働き手は守れない。多くのひとが個人事業主になる時代がきてる

    2019年03月15日 19時31分

    01
  • 渡辺輝人

    この時期にこの判断。中労委の立ち回りが政治的だな。 /“

    2019年03月15日 19時31分

    01
  • NPO法人POSSE@学生メンバー募集中【東京・仙台】

    これだけ世論が盛り上がっているにも関わらず、中央労働委員会は過労でたおれるまで働かされるコンビニオーナーを切り捨てるのか

    2019年03月15日 19時31分

    01
  • あうち

    団体交渉ができないなら、集団訴訟をするしかないってことですかね?団体交渉の方が穏やかに見えるけど

    2019年03月15日 19時31分

    01
  • のりりん

    そんなこといい続けてたらなり手いなくなるよ?いいの

    2019年03月15日 19時31分

    01
  • 山凧@笛

    これ、サブリースの構造と同じ匂いがする

    2019年03月15日 19時31分

    01
  • Jien

    中労委が判断を示したのは、セブン本部とファミリーマートを相手取り、FC店主らが団体交渉を求めた二つの労働紛争

    2019年03月15日 19時31分

    01
  • ムサコのセブン

    予想通りの結果な訳だが、フランチャイズ法が制定される以外に解決策は無いのだろうかともあれこれを盾に話し合いには一切応じないみたいな態度は改めて頂きたいな~

    2019年03月15日 19時31分

    01
  • 全国一般労働組合東京南部

    会社からの縛りが強すぎるコンビニ店主への不当な判断。どう考えても店主の方が弱い。弱者に交渉権を持たせるのが人権保障ではないのか。この判断は、政府がテコ入れし増加する「雇用によらない働き方」への先鞭ではないか

    2019年03月15日 19時31分

    01
  • 朝日新聞名古屋編集局

    コンビニのフランチャイズ店主らの労働組合がコンビニ大手2社に団体交渉に応じるよう求めていた二つの労働紛争で、中央労働委員会は15日、店主は労働者とはいえないとして団体交渉権を認めないとの判断を示しました

    2019年03月15日 16時25分

    01
  • 桜歌

    何を言っているんだ?? >中央労働委員会は15日、店主は労働者とはいえないとして団体交渉権を認めないとの判断を示した

    2019年03月15日 16時25分

    01
  • りんさん コト 林某

    そうか、ここらへんはもうカタがついてると思っていたんだけど、まだだったか。労働争訟ではわりと労委は労働者寄りで、使用者側が労委決定を裁判でひっくり返す展開が多い印象だけどな

    2019年03月15日 16時25分

    01
  • oneslife_ryuzoji

    名ばかり店長・店主?!労働実態を把握した上での判断なのだろうかコンビニ店主は労働者ではない」中労委、団交権認めず:

    2019年03月15日 16時25分

    01
  • 半澤三智丸(緑林舎)

    であれば、コンビニ本部が24時間営業を義務付けていたり、季節ものの商品で販売ノルマを課したりしているのは下請法違反ですね

    2019年03月15日 16時25分

    01
広告