上越新幹線の運転士、トンネルで居眠り 到着1分遅れる:朝日新聞デジタル

 上越新幹線のガーラ湯沢発東京行きMaxたにがわ408号が4日、40代の運転士の居眠りにより1分遅れで高崎駅に到着したと、JR東日本高崎支社が発表した。運転士は午前10時50分ごろ、上毛高原駅を出た直…

9コメント

2019年03月05日00時05分

  • ξ0

    少々の遅れは気にするな、と言うのが尼崎以降の風潮だった様な?今回は原因が原因だけど。それより、運転士が居眠りすると列車が遅れるメカニズムが気になる

    2019年03月05日 00時06分

    01
  • nomnom(のむのむ)

    すごい。昔だったらこんなの隠されて公表されなかった

    2019年03月05日 00時06分

    01
  • y_rufus_w

    寝てる間もマスコンから手は離さなかったんかね。

    2019年03月05日 00時06分

    01
  • なめこ

    居眠りはもちろんダメだけど、1分遅れでニュースになるっていかに普段の電車がすごいかがわかるな…こんなに時間通りなの日本くらいでは

    2019年03月05日 00時06分

    01
  • Akio Yamazaki

    居眠りは言語道断ですが、日本ですね、新幹線1分の遅れで全国ニュースです。が、ここで分かった事は、運転手が眠ってい

    2019年03月05日 00時06分

    01
広告