14年前、誰が「自己責任論」を言い始めたのか?――2018下半期BEST5 | 文春オンライン

2018年下半期(7月~12月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。いいね!部門の第4位は、こちら!(初公開日 2018年11月2日)。***シリアで武装勢力に拘束されていたジ…

14コメント

2019年01月12日13時05分

  • ぶらりん@文フリ京都け-13

    政治家による「自己責任論」の流布を批判的に書いてますけど、ボクの記憶が正しければ、と、このコラムを載せている他ならぬも、あのとき相当ひどかったで

    2019年01月12日 23時42分

    01
  • うわち@公平な観点が欠如した日本

    宗主国アメリカのパウエル長官ニッポンの政治家発言の違いときたら…( ̄。 ̄;

    2019年01月12日 19時42分

    01
  • hassy25(heliuuum57)

    14年前誰が自己責任論を言い始めたか?―文春人質3人が解放された時、私は小池百合子発言は知らなかったが小泉元首相が自己責任と言ったのを鮮明に記憶している。あと、日テレ朝の番組で辛坊氏が声高に自己責任を叫んで、猛烈にむかつきな

    2019年01月12日 17時42分

    01
  • ご縁に感謝@阿部です

    で、当の本人は何か得たものを公表したのか

    2019年01月12日 15時41分

    01
  • ぜったい当たる

    恥を知り自処するという日本独自の精神はたかが14年前からじゃあないよ。メディアや政治家の言葉に流される愚民もいやほどいるが、全国民がそうというわけではないし◆14年前、誰が「自己責任論」を言い始めたのか2018下半期BEST

    2019年01月12日 15時41分

    01
  • 月猫

    政治家が国民に対して自己責任と切り捨て始めたらそれこそ政治家なんか必要なくなる。

    2019年01月12日 14時41分

    01
  • houzou

    14年前、誰が「自己責任論」を言い始めたのか?私らよく覚えてる、イラクでのボランティア活動を非国民の如く罵倒した、扇動者は小泉首相、小池百合子、山東昭子、安倍晋三などの自民政治家と、読売新聞だ米国政府は日本に疑問を呈し彼ら

    2019年01月12日 13時38分

    01
  • 文春オンライン[文藝春秋]

    「イラク3邦人人質」記事を読み直す

    2019年01月12日 13時05分

    01
  • 伊達家好っきや♪

    ほんとマスゴミは「自己責任」って言葉に食ってかかるな、自己責任だろうが関係なく日本政府はテロ

    2019年01月12日 13時05分

    01
  • ココ@おらりおぜっと

    文の後半、パウエルの発言は「国によって派遣された兵士は」やないのかね。自己判断で行って、国に責任を問うのはおかしいぜ。

    2019年01月12日 13時05分

    01
  • ki

    ま、何れにしても暗黒の30年を作り出した自民党政権ということ。政治も経済も社会もグダグダな世の中をよくも作り出してくれたものだ

    2019年01月12日 13時05分

    01
  • Nowhereman

    法律学だと自由意思尊重なので、自由意思で決めたなら、意思が及ぶ限りでしか責任は問われ「ない」と限定故に過失は故意より責任軽減

    2019年01月12日 13時05分

    01
  • ばじる@人生半分忘れ物

    貧すればナントカ、というのは個人でも集団でも変わらないということよね。ああいやだ。これはいい記事だった。内容は胸糞悪いけどね

    2019年01月12日 13時05分

    01
  • 黒薙七夜

    じゃあ、日本を経済的に貶める工作員だったらどうするのか?その回答を出せるやつはいるのかな?

    2019年01月12日 13時05分

    01
広告